【パーソナルトレーニング】

『ライバルと同じ練習をしても
上達するスピードが違うのは』

筋力がないからですか?
柔軟性がないからですか?
身体の使い方が違うからですか?

完全予約制☎:080-4253-4212 


パーソナルトレーニングと言っても、ただ闇雲に重いウエイトトレーニングや、長距離ランニングをするのではなく、運動の土台、基本動作となる運動能力(本質的能力)を向上させることによって、運動時の身体の癖や弱点を克服し、パフォーマンスアップと怪我をしにくい身体作りを両立させ、スポーツ各種におけるあなたのポテンシャルを最大限に発揮させることを目的とした
『スポーツコンディショニングBUDDY』オリジナルのトレーニングメニューです。

※基本スタイルはクライアント様の体力・能力に合わせてのサポートのため
1対1のマンツーマンのパーソナルトレーニングになります!
ご家族やご兄弟サークル等のペアやグループは応相談

これらの問題を大阪堺市西区鳳の
『トレーニングジムBUDDY』
『ランニングスクールBUDDY』
で一緒にトレーニングして解決しましょう!

☆スポーツ整体
☆ランニングスクール
☆パーソナルトレーニング

open
月~金17:30~21:00
土日祝10:00~17:00
close
不定休

大阪・堺市・鳳 ℗駐車場あり
TEL:080-4253-4212
LINE ID:@dem2109b  


 料金表                                                   

TRAINING(運動)

一般

学生

パーソナル
トレーニング
(室内)


【※初回限定お試し料金】


8,500円

回数券4回30,000円


5,000円

7,500円

回数券4回20,000円


3,500円

ランニング
トレーニング
(屋外)

8,500円
回数券4回30,000円

7,500円
回数券4回20,000円

スポーツリズム
トレーニング

(第2土曜日)

1,000円

(小学生対象)

ランニングスクールBUDDY
ランニング教室パーソナル/ 屋外
(ペア・グループ割引あり・お問い合わせください)         

ランナーに特化したコースだから安心して任せられる。

現役ランナーは勿論、これから走りたいと思っている方のためのトレーニングです。楽に、怪我をしないような身体を作ります。
走った後のメンテナンスの仕方も身につけます。

㋹初心者ランナーさん必見!!
㋹大阪マラソンを完走したい!
㋹神戸マラソンでベストを出したい!
㋹泉州マラソンのハーフから走ってみたい!

初マラソンにチャレンジしたいが何からスタートすればいいのかわからない。でもいつかはフルマラソンに出てみたい!!
ランニングには興味はあるが、一人で頑張るのはどうも苦手。ランニングをしているとすぐに膝や腰が痛くなる。
専属でしっかりとアドバイスやサポートをしてくれるパーソナルランニングトレーナーを探しているあなたへ。

大阪・堺にある『ランニングスクールBUDDY』のランニング指導は、走る事だけではなく、ランニングに必要な知識が豊富にあるJRTA日本ランニングトレーナー協会マスタートレーナーの黒岩が「ただ、走るだけ・ ただ、タイムを短縮するだけ・ただ、筋力や持久力を上げるだけ」を目的とした指導をするランニング指導ではなく、”身体の症状による悩み”と”パフォーマンスアップ”を両立させることが出来る、心から必要とされる指導を目指しています。

持ち物:着替え、水分、ランニングシューズ、タオル

☆約60分(出張:浜寺公園、大泉緑地、長居公園、大阪城公園等にて)

トレーニングジムBUDDY
パーソナルトレーニング/屋内
(ペア・グループ割引あり・お問い合わせください)

トレーニングを始めるきっかけも、その目的も人それぞれです。
大阪・堺にある『トレーニングジムBUDDY』は、そんな一人一人のスタイルに合わせたパーソナルトレーニング指導を心がけています。

ゴールデンエイジのジュニアアスリートは、礼儀作法から基礎トレーニングを中心に、一般の方は健康で毎日快適に過ごせる体力作りを、トップアスリートは限界への挑戦に挑んでおられます。

トレーニングを通して、あなたの心や身体を豊かにし、これからの人生を今よりも健やかに過ごせるように!
そのためには、やはり”トレーニングを思いっきり楽しむ”ということが大事なような気がします。
スポーツを通して笑顔の日が来るのを、あなたのバディとして心より願っています。

①ベーシック(一般)
②ゴールデンエイジ(ジュニアアスリート)
③アスリート(プロ・セミプロ)

持ち物:着替え、水分、上靴(スニーカー)、タオル

☆約60分 ジム内にて

スポーツコンディショニングBUDDY
 スポーツリズムトレーニング 
  (小学生対象)         
毎月第2土曜日開催  ※予約制
次回 2021年12月11日(土)15:00~16:00 

☆リズムジャンプはリズム(音楽)に合わせて様々なジャンプを行う運動です。
☆社会性を育てることへの効果もあり、小学校への導入が始まるなど保育者にも多く支持されています。
☆プロ野球でのトレーニングなどにも使用中!

一般社団法人スポーツリズムトレーニング協会認定インストラクター(STAR)宮本が担当します(^^)/

持ち物:着替え、水分、上靴(スニーカー)、タオル

☆40から60分 ジム内にて

☆申込み・詳細 https://forms.gle/252H6eJvf5Mu2osP6

☆ゴールデンエイジの重要性☆

ゴールデンエイジとは5歳から12歳位までの身体能力・運動能力が急速に発達する期間のことです。
まさに運動能力を高めるのには絶好の期間。

具体的には5~12歳(年長~小学6年生)の期間で、体の動かし方、動作、技術を短時間で覚える事が出来る、一生に一度だけの貴重な年代をゴールデンエイジと呼びます。


 成長が早い時期の5歳と12歳では身体的違いが大きいので、
ゴールデンエイジを「プレ・ゴールデンエイジ(2~9歳)」と「ゴールデンエイジ(10~12歳)」
に分けて考える事もあります。

しかし、その期間に一体どのようなトレーニングを子供にさせればよいのかわからない、お父さんお母さんも多い事と思います。

 

■遊びの中で色々な動きを学び、神経回路を刺激して欲しい

ゴールデンエイジと呼ばれる期間には、出来なかったことが急に出来るようになるや、見ただけなのにすぐに出来てしまう事が多々あります。また、10歳を迎える前の準備段階、プレ・ゴールデンエイジと言われる期間の過ごし方が非常に重要にもなります。サッカーや野球、テニスなど競技は全然関係ありません!

プレ・ゴールデンエイジとは、立って歩けるようになる2歳から9歳位までの期間の事なのですから、大体小学校に上がるまでを前期と考えて頂き、この時期はとにかく楽しく遊びながら運動をする事。お父さん、お母さんとケンケンパ、鬼ごっこ、ゴム跳び、ボールを蹴る、プラスチックのバットとボールで野球、布団で前転してみる、何でも良いですから楽しく遊びの中に、子どもを加えてあげることから始める事を強くおすすめします。


一緒に楽しく遊ぶ事。遊びの中で色々な動きを学び、神経回路を刺激しておく事。
これが後に運動の「出来る子」になるか「出来ない子」になるかの差になるように思います。


「どのスポーツをやるかによって遊びを選ぶ必要は全然ありません。
この時期は色々な遊びを楽しみながらやってみてください。

ここでご両親と一緒に遊んだ経験が、その後、最初に選んだスポーツで伸びる要因になるのは間違いないと思います。」

嫌々やらされるトレーニングと違い、親と遊べると子どもは喜んで仲間に入ってきます。
まずは親子で遊んで色々な体の使い方を自然に覚える
これが運動の出来る子になる秘訣なように思います。


1つだけではなく様々なスポーツを体験させてやることの大切さ

私もトレーナーとして多くのトップアスリートと関わりますが多くの選手は幼い頃は違う競技をしていたと聞いています。
「幼稚園までは水泳をしていたが、小学生に上がる頃にはもう一段ステップアップしてサッカーならサッカー、野球なら野球、テニスならテニスと競技に取り組んでいます。

日本のスポーツはここからが問題なのです。

日本では最初にサッカーを選んでしまうとサッカーしかしなくなりがちなのです。

外国では、小学校ではできるだけ多くの競技を経験して、中学で23つ、高校で2、大学では2つか1つという風に"それだけ"をする事は少ないと言われます。


日本では1つのことに打ち込むことが美徳、その方が上達するという考え方があるのかもしれませんね。


 「アメリカでは、サッカーは子どもが最初に取り組むスポーツとして重要視されています。それは、身体に無理な負担をかけずにできるスポーツだからです。そこから野球やアメフト、バスケット、地域によってはアイスホッケーなど、たくさんのスポーツをプレーするのです」

確かに日本では一度部活を選ぶと他のスポーツに触れる機会は極端に減ってしまいます。

サッカーは上手いけど、ボールは投げられない、逆上がりもできない、そんな子どもが増えているというのも事実です。

「なぜ日本の部活動は1つだけなんしょうか? サッカーと野球、ブラスバンドや茶道でも良いと思います。1つの事に向いていなくても他の能力があるかもしれません。子供達は得意なスポーツが自然と上手くなるものなのです。


"身体能力"を育てることが重要

 「"身体能力"とは自分の身体を思ったように操れる能力、この能力は将来一流選手になるためには不可欠なものです。この身体能力を養うことで、数ミリ単位での調整や微妙な動きの変化、力を入れるや脱力が自然に出せるようになります。


 サッカーだけをやっているチームと他のスポーツもやっているチームを比べたら、試合ではサッカーに慣れている方が勝つでしょう。しかし、将来的には他のスポーツをやっていた子供達の方が伸びる可能性が高い。目先の勝利から一流は生まれないと思います」

サッカー一筋、野球一筋・・・、良い事のように思っておられた方も多いと思いますが、身体能力を養えるのはプレ・ゴールデンエイジとゴールデンエイジの期間がベスト期間なのです


 あとから取り戻せない"いまこの瞬間"、子どもたちが日々どう過ごすかで、その後の選手としての成長が決まってしまうのです。

少なくとも小学校入学前と低学年はもっと色々なスポーツを経験し、来るべきゴールデンエイジに備える事を黒岩はおすすめします。

その時期にとてもやって欲しいトレーニングがありますし、逆にやって欲しくないタブーなトレーニングもあります。

その経験を出来る場所が『スポーツコンディショニングBUDDY』
です(*^-^*)


『スポーツコンディショニングBUDDY』
☆スポーツ整体
☆ランニングスクール
☆パーソナルトレーニング

open
月~金17:30~21:00
土日祝10:00~17:00
close
不定休

大阪・堺市・鳳 ℗駐車場あり
TEL:080-4253-4212
LINE ID:@dem2109b  

スポーツコンディショニングBUDDY